ハッピーホルモン出ましたよ

こんにちは!山口市鋳銭司にあるアロマテラピーサロンパチュリの中原近子(なかはらちかこ)です。

毎月第二土曜日に開催される「かわばたカフェ」(山口市鋳銭司かわばた邸での行事です。)

「認知症」をテーマに毎月いろんな催しが企画されてるんです

今回は、わたくしがお時間を頂戴して「ハンドトリートメント講座」を

認知症の中核症状(記憶障害や見当識障害など)以外にご本人にストレスがかかるとその周辺症状が現れることもあると言われています。

周辺症状というのは、たとえば、イライラしたような「焦燥」、不必要に動いてしまう「多動」、笑ったりという感情表現ができない「感情障害」、誰もいないのに誰かがいるようにとらえている「せん妄」、「暴力・暴言」、「睡眠障害」、「徘徊」などのこと…。

そのような周辺症状が、ハンドトリートメントを受けることで軽減されたという報告は、数多く聞かれます

そのうえ、トリートメントを受ける人はもちろん、行う人も同じように「ハッピーホルモン」とも言われる「オキシトシン」というホルモン分泌が良くなることが分かってるんですよ

「オキシトシン」は人に対する愛情や優しさを生み出すホルモンなんです

認知症の方がトリートメントを受け、介護される方がトリートメントを行えば、いい相乗効果も生まれるはず

ハンドトリートメントがもっと身近に広がればいいなあとの思いからみなさんにご紹介してきました。

21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハッピーホルモン」はどんな方にも必要ですもんね

お子さまに、ご主人に、奥様に、お友だちに…大切な方とのやさしい時間をぜひぜひハンドトリートメントで

 

講座をご希望でしたら、ご相談くださいませね